有斗高校応援ブログ

TEL:0138-57-1381

ユウトのクラブ

YUTO Club

YUTO

-Club Activities-

クラブ活動

限界に挑み努力が報われた瞬間
流した汗と涙が栄光へと変わる

有斗高校部活応援ブログ
平成31年度 函館大学付属有斗高等学校の部活動に係る活動方針
https://www.yuto.ed.jp/wp-content/uploads/2017/09/soccer_1.jpg

サッカー部

サッカー部は、昭和21年4月創設の歴史と伝統をもつクラブです。
高校総体北海道予選では準優勝3回、3位9回、選手権北海道予選では優勝3回、準優勝5回、3位6回の実績があり、単独チームで出場した国体とあわせて、計8回全国大会に出場しています。平成18年に初出場したプリンスリーグ道南ブロック大会を勝ち抜き、プリンスリーグ北海道に昇格するなど、道南の雄として知られる存在です。また、大学や実業団へも選手を輩出しています。

<チームコンセプト>
①「サッカーを通じての人材育成」
選手の自主・自律を重んじ、サッカー選手としての成長と人間的な成長を一つのものとして捉え、指導を行なっています。
②「やって楽しい・観て楽しいアクションサッカー」
ボールゲームの醍醐味は得点を奪うことです。ボールを中心にチーム全体を組織し、試合の主導権を握って攻守にアグレッシブなサッカーを追求します。その実現のために、日常のトレーニングではボールの操作・共通理解・相手との駆け引きなどを磨きます。選手が楽しみながらプレーし、うまくなったことを実感できるようなスペクタクルなサッカーを目指します。つなぐサッカーにこだわってます!

大会成績など

<全国大会出場実績>
昭和33年
ー国民体育大会サッカー競技 2回戦
昭和38年
ー全国高校サッカー選手権大会 1回戦
昭和43年
ー全国高校サッカー選手権大会 1回戦
ー国民体育大会サッカー競技 1回戦
昭和47年
ー全国高等学校総合体育大会サッカー競技 2回戦
昭和52年
ー全国高校サッカー選手権大会 1回戦
平成4年
ー全国高等学校総合体育大会サッカー競技 1回戦
平成11年
ー全国高等学校総合体育大会サッカー競技 1回戦

※全国総体北海道予選会通算50回出場(道内最多)
 全国高校サッカー選手権北海道大会通算43回出場 平成29年度現在

<主な卒業生>
大澤 英雄
ー学校法人国士舘理事長
清川 浩行
ー日立製作所(選手)
ー柏レイソル(アカデミー)
ーJ2ロアッソ熊本ヘッドコーチ⇒同監督(2016~2017)
山下亮介
ー国士館大学⇒町田ゼルビア⇒福島ユナイテッド⇒東京23FC⇒十勝FC


<平成27年度大会成績>
高体連函館支部春季サッカー大会 優勝
第68回北海道高等学校サッカー選手権大会(兼全国総体予選)函館支部予選会 準優勝
第68回北海道高等学校サッカー選手権大会(兼全国総体予選) ベスト8
高円宮杯U-18サッカーリーグ北海道2015道南ブロックリーグ1部4勝6敗4分 6位
第94回全国高校サッカー選手権大会函館地区大会 Bブロック優勝
第94回全国高校サッカー選手権大会北海道大会 1回戦
函館地区高校秋季新人サッカー大会 3位
第1回南北海道高校サッカー新人大会 1回戦

<平成28年度大会成績>
高体連函館支部春季サッカー大会 準優勝
第69回北海道高等学校サッカー選手権大会(兼全国総体予選)函館支部予選会 準優勝
第69回北海道高等学校サッカー選手権大会(兼全国総体予選)2回戦
高円宮杯U-18サッカーリーグ北海道2016道南ブロックリーグ1部7勝1敗6分 2位
高円宮杯U-18サッカーリーグ2016プリンスリーグ北海道参入戦 1回戦
第95回全国高校サッカー選手権大会函館地区大会 優勝
第95回全国高校サッカー選手権大会北海道大会 2回戦
函館地区高校秋季新人サッカー大会 優勝
第2回南北海道高校サッカー新人大会 1回戦

<平成29年度大会成績>
高体連函館支部春季サッカー大会 優勝
第70回北海道高等学校サッカー選手権大会(兼全国総体予選)函館支部予選会 3位
第70回北海道高等学校サッカー選手権大会(兼全国総体予選) ベスト8
高円宮杯U-18サッカーリーグ北海道2016道南ブロックリーグ1部4勝2敗8分 3位
高円宮杯U-18サッカーリーグ北海道2016道南ブロックリーグ2部西エリア
8勝1敗4分 1位(セカンドチーム)
第96回全国高校サッカー選手権大会函館地区大会 優勝
第96回全国高校サッカー選手権大会北海道大会 出場
函館地区高校秋季新人サッカー大会 優勝
第3回南北海道高校サッカー新人大会 出場

ソフトテニス部

我々ソフトテニス部は競技として勝つことだけでなく、学園訓の報恩感謝、常識涵養、実践躬行のもと、部活動を通して人格の形成を目指し、日々指導しております。毎日の練習の中で、礼儀を学び、団体生活の中で人を敬い、尊重する心を養っていきます。もちろん競技として勝ちあがることも考え、地区大会では優勝、全道大会では上位入賞、そして、全国大会出場を目標に練習に励んでおります。練習コートは陣川町に4面ナイター付きであり、そのうち2面をソフトテニス部で使用しております(硬式テニス部が2面)。冬期間は学校の体育館を借りて練習し、環境面でもとても恵まれております。

テニス部

中学校では、ソフトテニスが主なので、入部する部員は、ソフトテニス経験者か初心者です。しかし、部員は熱心に練習するためテニスの上達は早く、3ヶ月ほどで試合に出場できるようになります。テニスは個人競技なので、戦績については良い年と悪い年がありますが、過去には毎年のように全道大会に出場していたこともありました。部員は、「スポーツマンシップ」を大切にし、「全道大会出場」を目標に、キャプテンを中心として日々がんばっています。

https://www.yuto.ed.jp/wp-content/uploads/2017/09/basuke_1.jpg

バスケットボール部

バスケットボール部は、1947年に創部されて以来3回全国大会に出場しています。近年の目標は「古豪復活」であり、再び全道大会にYUTOの名を刻むため日々練習に励んでいます。チームのコンセプトは「堅守からの速攻」であり、ディフェンス面の強化を行いながら、組織的な練習もしています。また、技術面の強化だけではなく、精神力や集中力を鍛え、人として成長することも目標の一つにしています。

バドミントン部

バドミントン部は、過去に全道大会で団体戦南北海道3位という実績を残すクラブです。中学校までの経験者も、高校から始めた初心者の生徒もともに助け合い切磋琢磨しながら日々練習を続けています。実際にバドミントンは個人スポーツですが、我々のチームは団体戦での支部大会優勝、全道大会上位進出を目標に掲げ、一人ひとりが向上心を持ち練習に励んでいます。
チームのスローガンは「技術よりも心を一流に」です。競技に対する姿勢やチームメイトに対する気配り、そして挨拶や礼儀など、社会に出るための基本的な生活習慣を向上させ、周囲から応援されるチーム作りをしています。

バレーボール部

バレーボールは、日常の生活で同じ動作がほとんどないため、感覚の習得が必要であり感性が重要な競技です。感覚や感性を養うために、有斗高校では顧問や先輩が、手厚くサポートをしてくれます。実際に有斗高校に入学してから、バレーボールを始めた生徒も多くいますが(H29.9月現在7名)、仲間と練習を通して技術を磨き、一喜一憂しながら困難を乗り越え、早い段階で成長し公式戦に出場もしています。
また、卒業生の多くは大学へ進み、実業団へも選手を輩出しています。教師としてバレーボールの指導、Ⅴプレミアリーグ・Ⅴチャレンジリーグで中心選手として活躍しています。
「バレーボールを、より好きになれる環境」の中で、全道大会・全国大会を目指し、ひたむきに取り組める生徒を待っています。

バレーボール部監督の奥村教之先生による『バレーボール通信』がスタートしました。(2018/1/18)
※下段の「応援ブログ:バレーボールカテゴリー」をご覧ください。

ハンドボール部

ハンドボール部は1965年に創部された伝統あるクラブです。これまで、全国選抜大会、全国高校総体、国民体育大会等の全国大会に60回以上出場の実績があります。小学校、中学校とハンドボールを経験してきた選手はもちろん、あわせて高校からハンドボールを始めた選手が努力の結果、全国大会で活躍することができるところが特色としてあげられます。ハンドボールという競技を知らないという人でも大歓迎です。共に試練に耐え、喜びを分かち合い、ハンドボールを通して人間力を磨き、大きな目標に向かって頑張りましょう!!

弓道部

弓道部は、昭和13年有斗高校の前身の函館経理学校創立時に、創立者であり初代校長の野又貞夫先生が自ら率先して精神と技を鍛錬する部として創部されました。昭和41年には現在の校地内に弓道場が完成し練習に励んできましたが、昭和57年第一体育館の新築工事に伴い、弓道場が取り壊しになってしまいました。その後、練習場を千代台公園弓道場に移し、今日に至っております。

現在こちらの部活に関する記事は投稿されていません。

硬式野球部

硬式野球部は、昭和22年に創部し、平成19年度で創部60年の節目を迎え、甲子園春夏を合わせ13回出場、神宮大会5回の全国大会出場の実績を持ち、全国に「 有斗 」の名を広めたクラブです。
部員は全員渡島・檜山管内の道南出身者で、プロで活躍する先輩も輩出してきました。
現在の部員は、これまで先輩方が残してくれた伝統と実績に誇りを持ち、更なる飛躍を目指して日々練習に打ち込んでいます。また、野球部の卒業生の多くが社会に出て様々な分野で活躍されており、学校生活・野球部での3年間がこの活躍の原点ではないかと思っています。

https://www.yuto.ed.jp/wp-content/uploads/2017/09/taiso_1.jpg

体操部

体操部は昭和28年に創部された北海道内でも数少ない伝統のあるクラブです。創部当時は徒手体操が主流でありました。器械体操としては昭和38年頃から器具が購入され、器械体操の活動が活発になりました。昭和45年頃からは体操部に優れた選手が入部するようになり、全道大会や全国大会に出場し大いに活躍しております。
私たちは、「心で演技する」を合言葉に、心を耐え、心を磨くことを常に意識し、全国大会に出場することを目標に週6日練習に励んでおります。そして、選手達は体操を出来ることに、また自分達を支えて下さっている人達に感謝の気持ちを忘れずに、仲間達と励まし合い、競い合い、同じ目標に向かって突き進んでいます。
現在、北海道内での体操競技人口は激減しております。そのため、体操経験者を1部、体操未経験者を2部と分け、大会を行っております。従って、体操経験のない生徒も入部し、全道大会にて活躍することが出来ます。最初はトランポリンから練習して行きますので、少しでも体操に興味のある方々の入部を待っております。

近年の全国大会出場実績

平成13年度
ーJOCジュニアオリンピックカップ

平成14年度
ー全国高等学校体操競技選手権大会個人戦出場、全日本ジュニア体操競技選手権大会出場

平成15年度
ー全国高等学校体操競技選手権大会個人戦出場、全日本ジュニア体操競技選手権大会出場、第58回国民体育大会出場

平成16年度
ー全国高等学校体操競技選抜大会出場、全日本ジュニア体操競技選手権大会出場

平成17年度
ー全国高等学校体操競技選手権大会出場、第60回国民体育大会出場

平成23年度
ー全国高等学校体操競技選手権大会団体戦出場、第66回国民体育大会出場

平成24年度
ー全国高等学校体操競技選手権大会団体戦出場

平成25年度
ー全国高等学校体操競技選手権大会個人戦出場、第68回国民体育大会出場
ー全国高等学校体操競技選抜大会出場

卓球部

卓球部は昭和23年に発足した伝統あるクラブです。「全国大会上位進出」を目標に日々練習を積んでいます。卓球技術の向上だけにとどまることなく、生徒自ら行動し、考えることができる自立型人間になれるように、部活を通じて成長することが目的です。課題やヒントを与えながら、競技特性の理解や心理的な研究を含めて重要性を教えています。また、全国大会を意識するために、トレーニングコーチを導入し体づくりを徹底すること、外部コーチを招き違った角度から生徒を見ていただきアドバイスをもらうことなど生徒の意識改革をするための工夫を行っています。地域からの信頼も厚いため、道南卓球のリーダーとして頑張っていきます。

https://www.yuto.ed.jp/wp-content/uploads/2017/09/nyakyu_1.jpg

軟式野球部

有斗高校の野球部は硬式野球部だけではありません。軟式野球部も、全国大会にも出場したことのある伝統のあるクラブです。全道大会上位に食い込むことを目標として、選手・顧問一丸となって日々努力をしています。初心者の生徒でも、試合で活躍している生徒が数多くいます。
また、本校軟式野球部では、野球の技術だけではなく、当たり前のことを当たり前に出来るようになることを目標としています。試合に勝つことが全てではなく、挨拶や礼儀、社会人としての常識はもちろん、チーム競技であるので、協調性や社会性が身につくように指導しています。

陸上競技部

昭和23年4月に創部された陸上競技部は、これまで全国大会、全道大会において数々の優秀な成績を残してきた、歴史と競技実績をもつ伝統ある部です。現役選手は、常に諸先輩が築き上げた記録を目指し日々の練習に励み、全国大会を目標に汗を流しています。卒業生には、日本代表として世界大会を経験した選手もおります。また、社会の様々な各分野で飛躍する先輩、陸上競技界の発展に貢献するため指導者の道を歩むなど、多種多様で活躍しております。

ラグビー部

本校ラグビー部は1965年に創部されました。1976年には全道大会初優勝を果たし、全国大会初出場。1983年~198661年には4年連続全道大会優勝、更には、1992年~1999年まで8年連続全道大会に優勝し、通算13回の全国大会出場を果たしております。卒業生も数多く大学や社会人に進み、選手として社会人チームや教員チームで活躍しております。中でも1988年卒業の小村 淳君は高校日本代表・明治大学・神戸製鋼でレギュラーとして活躍、各チームで主将を務め、日本一も数度経験致しました。日本代表にも選出され、キャップ(国際試合に出場すると帽子が日本協会より贈られます)4を獲得しております。すでに現役を引退し、現在はチャレンジリーグの釜石シーウエイブスRFCのヘッドコーチを務めており、トップリーグ昇格へその手腕が期待されております。又、1993年卒業の松本幸雄君も明治大学に進学、小村選手同様1年生より活躍し、4年次には主将を務めました。卒業後はトップイースト(関東社会人リーグ)に所属しておりますブルーシャークス(清水建設)で活躍しておりましたが、すでに現役を引退しました。
両名とも高校に入学してからラグビーを始め、上記の様な素晴らしい選手になりましたが、ほとんどの部員が高校から始めており、2・3年生の先輩が文字通り「手取り足取り」指導を行いますので、何の心配もいりません。私たちスタッフは、「高校は社会に出るための修行(勉強)の場」と考えています。さらに、ラグビーを通して「たくましい体と何事も最後まで頑張るあきらめない精神」を育てて行きたいと思っています。グランドでは、「やっていて楽しいラグビー、観ていて面白いラグビー、そして勝ちにこだわるラグビー」を指導しています。ラグビーというスポーツは、見た目通り厳しいものですが、3年間やり終えた後には必ず充実感を得る事ができます。練習や試合では痛い事や苦しい事も少々ありますが、「この苦業が一生の財産になる」と確信しております。

https://www.yuto.ed.jp/wp-content/uploads/2017/09/jyudo_1.jpg

柔道部

昭和18年創部。創部すぐに函館市内の大会で優勝しています。昭和40年~50年代には、部員数が40名を越える大所帯となっていましたが、近年、柔道離れが進み、部員数は減少しています。試合に勝つだけの柔道ではなく、「精力善用」「自他共学」の精神で生徒に指導することを、目標としています。

剣道部

有斗高校剣道部は昭和36年に発足した。函館で有名な道場である弘道館師範の四辻先生のご子息が入ってきたことがきっかけであった。四辻先生がコーチをつとめ、その年の函館地区新人戦で団体優勝を果たしている。有斗高校に体育館がひとつしかないため、しばらくの間体育館での練習場所がなく、ステージや他の場所でジプシー状態で頑張っていたと記録されている。昭和51年徳山教諭が顧問の時、谷山選手が個人で全国大会に進出している。昭和57年から現顧問が入り、函館地区の中核として、毎年のように全道大会に進出し、ベスト8に数回なっている。