有斗高校応援ブログ

TEL:0138-57-1381

授業料・学費について

Tuition and Fees

YUTO

-Tuition and Fees-

授業料・学費について

入学手続き時の諸経費および学納金

入学金
150,000円
★金額はすべて今年度のものです
★PTA入会費(200円)、生徒会入会費(600円)、同窓会入会費(5,000円)、卒業費用積立金(4,000円)の諸経費が入学時にかかります。
★その他、各種奨学生制度についてはこちら

毎月の学納金

学納金
学費 授業料 30,000円
施設設備費 2,700円
教育充実費 1,000円
諸経費 PTA会費 300円
生徒会費 600円
体育文化後援会費 3,500円
学納金合計 38,100円
学納金
学費 授業料 30,000円
施設設備費 2,700円
教育充実費 1,000円
諸経費 PTA会費 300円
生徒会費 600円
体育文化後援会費 2,500円
学費合計 38,100円

毎月の納入金例

就学支援金制度(国)と授業料軽減制度(北海道)の適用後の納入金は以下のようになります。


保護者等年収(目安)
※1
910万円程度以上 910万円程度未満 590万円程度未満 270万円程度未満
授業料
(就学支援金額)
30,000円 20,100円
(△9,900)
0円
(△30,000)
0円
(△30,000)
施設設備費 2,700円 2,700円 2,700円 2,700円
教育充実費 1,000円 1,000円 1,000円 1,000円
授業料軽減 0円 0円 △500円 △3,500円
諸経費 4,400円 4,400円 4,400円 4,400円
毎月の実質学納金 38,100円 28,200円 7,600円 4,600円
保護者等年収(目安)※1 910万円程度以上 910万円程度未満 590万円程度未満 270万円程度未満
授業料
(就学支援金額)
30,000円 20,100円(△9,900) 0円(△30,000) 0円(△30,000)
施設設備費 2,700円 2,700円 2,700円 2,700円
教育充実費 1,000円 1,000円 1,000円 1,000円
授業料軽減 0円 0円 △500円 △3,500円
諸経費 4,400円 4,400円 4,400円 4,400円
毎月の実質学納金 38,100円 28,200円 7,600円 4,600円

※1 両親のうちどちらか一方が働き、高校生1人、中学生1人の4人世帯の目安です。

入学時に受けられる制度
入学金減免制度
平成30年度より本校で新たに入学金減免制度をスタートいたしました。非課税世帯の保護者の方々の学費負担を少しでも軽減するための制度となっております。手続きに関しては、入学後に必要な書類をご提出していただき、確認した上で進めさせていただきます。
令和2年4月入学生について、道府県民税所得割額と市町村民税所得割額の合算額が非課税の世帯(年収約270万円未満)を対象に入学金15万円の内10万円を減額いたします。

※上記の年収については、おおよその目安です。家族構成によっては上記目安を超えていても非課税世帯になることもあります。
※共働きの場合は、夫婦の所得割額を合算した額が、その世帯の所得割額になります。

★入学時の手続き方法
①入学手続きの際、入学金15万円を納入していただきます(1回目に全納か1回目と2回目で分納)。
②入学後、課税証明書を提出していただき、確認の上で入学金15万円の内10万円を返金します。
※入学手続き後に入学を辞退した場合には、入学金の返金は致しません。
※金額はすべて今年度のものです。次年度については未定です。
野又学園特別奨学生制度
"本学園では学園建学の精神に徹し、学園の発展に寄与しうる人材を育成するため、本制度を設けております。
下記のすべてを具(そな)えたもので、学校長の推薦があったものについて、理事長が選考の上、建学の精神をよく体し、他の生徒・学生の範たるに相応(ふさわ)しい者と認めた者とする。"
1
入学後の学生生活の目標を明確に持つ者
2
特に優れたリーダーシップがあり他の生徒の模範(もはん)となることが期待される者
3
学業面で充分な成績を修めると期待される者
4
人格が円満(えんまん)で品行方正(ひんこうほうせい)である、出席が良好な者
特典
A特別奨学生
入学金免除、3ヵ年学費全額給付
B特別奨学生
入学金免除、3ヵ年学費半額給付
C特別奨学生
入学金免除
※就学支援金適用後の学費に対しての給付となります。
※ 諸経費は別途納入していただきます。
在学中に受けられる制度
①高等学校等就学支援金制度
給付されるお金
年額11万8,800円~36万円を給付(返済なし)
国の制度として、私立高校等の生徒の授業料に充てる制度が、平成22年4月から創設されました。入学後、学校を通して支給手続きをします。
②私立高等学校授業料軽減制度
給付されるお金
3,500円×12ヵ月
500円×12ヵ月
を給付(返済なし)
北海道で行っている授業料の軽減補助制度で、保護者の道府県民税所得割額と市町村民税所得額の合算額が257,500円未満の生徒対象。返済の必要はありません。
北海道高等学校奨学会
借りられるお金
年額12万円~42万円まで貸付(無利子)
収入基準給付収入4人世帯で約768万円以下なので幅広く利用できます。卒業後1年据置12年以内に返済。
特待生制度
給付されるお金
各コースごとに、学業成績、人物ともに優秀な生徒を学期毎に特待生に任命し、その翌学期間の授業料を給付してます。
特典
1学期特待生
・2学期の授業料全額給付
2学期特待生
・3学期の授業料全額給付
3学期特待生
・翌年度1学期の授業料全額給付
奨学のための給付金
"北海道は、私立高等学校等に通う高校生等が安心して教育を受けられるよう、授業料以外の教育費負担を軽減するため、高校生等がいる道民税・市町村民税所得割がともに非課税である世帯に対し、奨学のための給付金を支給します。"
給付されるお金
生徒1人当たり年額38,100円~138,000円(世帯構成により異なる)