有斗高校応援ブログ

TEL:0138-57-1381

ユウトのクラブ

YUTO Club

2017/06/24(土)から開催されていた
第99回 南北海道大会 函館支部予選
は、本日7月1日に各ブロックの
代表決定戦が行われました。
今大会はA~Cの3ブロックに分かれたこと
本校は第1シードになったことで
2試合目が代表決定戦となりました。
準決勝は下の通りです。
2017 kousiki summer vs tyubu_0626
そして、迎えた本日。
本校、そして市立函館さんの両校が
全校応援ということで、球場の雰囲気も
盛り上がります。
試合は、1回の表を
三者凡退でリズムよく終えると
その裏にすかさず
2番鈴木選手の右中間3塁打
そして3番新出選手のタイムリー
幸先よく先制点を挙げました。
1-0

そして、3回裏・・・
1番東選手は外野フライ
2番鈴木選手はセカンドゴロと
簡単に2アウト。
しかし・・・

3番新出選手は四球を選び
4番西田選手の時に盗塁。
タイミング的には完全にアウトでしたが
キャッチャーの送球が
右上に1mほど逸れたことで
僅かに新出選手の足のほうが早く入りセーフ!
その直前、
相手キャッチャはーはセカンドが
捕球した時点でアウトを確信し
ベンチに2歩、戻りかけていました。
その、一瞬のスキを逃さず
西田選手は左中間?へ2塁打を放ち
2-0

そして、ベンチの監督の
3・4・5番で点を取ってこい」と檄を受けた
5番浅井選手の映像がこちら
[広告] VPS

どうです、この打った後のバットの投げっぷり!
そして、スタンドに打球が入った瞬間の
応援席の盛り上がり!
そして、忘れてならないのが
お馴染みのチャンステーマ・・・

この2ランHRで
4-0
それを受けた
6番坂本選手
3・4・5番の同学年(2年生)の活躍に
後れを取ることなくきっちりとヒットを放ち
相手投手が交代。
しかし、流れは変わらず
7番石丸選手は死球
8番成田選手は四球と満塁になったところで
9番伊藤選手はライト前にタイムリーを放ち
6-0

(この時、
 ホームに回り込んでスライディングした
 石丸選手は・・・)
そして、
1番東選手がピッチャの頭上を抜き
センター前へゴロで抜くか、というような当たりを
セカンドは好捕するも、
送球までは完璧にできず内野安打となる間に
3塁ランナーの成田選手が
悠々と生還し
7-0
としました。
さらに、
2番鈴木選手も四球
となりましたが
最後は3番新出選手が内野ゴロとなり
ようやくチェンジ。
んっ?
気づきましたか?
これは、2アウト・ランナー無しからの攻撃です・・・
でも、きっかけは、ほんの小さなことだったと思います。
そう。
新出選手の盗塁。
あの結果、急にピッチャーは
2塁ランナーを極端に意識したように見えました。
その綻びを、有斗が逃さなかったように見えます。
しかし、今回はこの流れがうちに来ただけ。
次のステージ(全道大会)では、
全く逆の立場になることもあります。
肝に銘じておく必要がありますね。
さて、試合はこのまま進み
下のようになりました。
2017 kousiki summer score_0228
2017 kousiki summer seiretu_0229
また、今大会より
OB会により「横断幕」が
新しくなりました
ので、紹介します。
kousiki oudanmaku_0625
スクールカラーの「紺」と「オレンジ」を基調とした
素晴らしい幕だと思います。
早くこれが、甲子園のアルプススタンドに
斜めに掲げられる日が来ることを
祈っております。
頼みます! 
選手たち!!